ひとり遊びの教科書

いますぐ役立つ旅と暮らしの教科書

MENU

【旅先での過ごし方】一人旅へ出かける際に行くべき場所はココだ!

一人旅の魅力を伝え続けている当ブログだけど、

そもそもの問題で一人で旅に出かけると言っても具体的にどこに行けばいいかわからないという人も多いかと思う。

今回はそんな【旅に出たいけど行きたい場所が決まらない】って人に向けて最初のハードルを乗り越える出発方法を紹介する。

 

 

・旅の目的は非日常を味わうこと

そもそも旅をする上で一番の魅力となるのが、
自分が過ごしているテリトリーから出ることで得られる非日常感なんだ。

f:id:kuuusuuukaaa:20220114214757j:plain

そんな話をすると【非日常】という言葉だけで物事を深く考えすぎて、

登山・旅館・バカンスなどといった壮大な景色を思い受かべる人がいるが僕が見ている景色はそんな大層な物じゃない。

このブログを初期から読んでくれている人なら何となくわかっていると思うけど、

僕が一人旅を充実させている景色は人によっては本当に普通の景色なんだ。

f:id:kuuusuuukaaa:20220114214911j:plain

 

・当たり前の景色は人それぞれ違う

【当たり前】とか【普通のこと】というのは人によって全く違う。

例えば田舎育ちの僕にとって、すぐそばに砂や水があるのが当たり前だったが

進学するため岡山市内へ移り住んだ際には辺り一面コンクリートとアスファルトしかなくて、

18年の人生で当たり前のように触れてきた自然が遠いものに感じて衝撃を受けたことを覚えている。

f:id:kuuusuuukaaa:20220114214706j:plain

これが逆に都会育ちの人からすれば、そんなことは当たり前で逆に田舎の景色に違和感を感じることだろう。

そんな風に【非日常】というのは、その人の生活環境に左右されるんだ。

自分にとっての非日常な環境の定義を、まずはしっかりと理解してから旅先を選ぶといいだろう。

f:id:kuuusuuukaaa:20220114215049j:plain

 

・一人で旅をすることで自由が生まれる

次にそもそも何故旅をする際に一人旅を僕がオススメするのか。

それは、旅の道中での自由度が全く違うからなんだ。

f:id:kuuusuuukaaa:20220114220355j:plain

誰かと旅行へ出かけた際には相手のお腹の好き具合や、行きたい場所の確認、トイレのタイミングなどもお互いに配慮しながら行動しないといけない。

しかし、一人で行動することで全てが自分のペースで行動することができる。

 

・好きなタイミングでご飯が食べられる

・好きなタイミングでトイレに行ける

・突然、目的地を変更することができる

・気になった場所にふらっと立ち寄れる

 

全てが自分中心で行動することができるので、

無駄な気遣いなどをせずに自分がやりたいことだけを全力で楽しめるんだ。

f:id:kuuusuuukaaa:20220114215742j:plain

・最初のハードル【行ってなにしよう?】

さて、上記の内容を読んで「これから初めて一人旅に出かけてみよう!」と思いたったけど、

どこへ行って、何をしたらいいかわからない。という人が多いかもしれない。

突然「どこにでも好きなところへ行け!」と言われたところでお金も時間も使う旅の時間は

慣れないうちは本当に何をしたらいいかわからなくて途方に暮れる。

 

勢いでテキトーなホテルを予約したけど、結局ホテルから一歩も出ないまま終わってしまった。

 

そんな事態になり兼ねない。

そうなってしまうと二度と一人旅へ出ようなんて思わないだろう。

旅は最低でも何か一つ目的、目標を決めて準備をすることで満足度が大幅に変わる。

まずは行先をはっきりとさせよう。

f:id:kuuusuuukaaa:20220114225204j:plain

 

・自分が普段行っている場所へ行く

旅の目的を設定する際に、まず一番簡単なのが観光地を調べること。

そして、次に簡単なのが普段自分が行っている場所へ行くことなんだ。

f:id:kuuusuuukaaa:20220114225321j:plain

例えば、僕の場合だと旅先でも飲食店・銭湯・スーパー・ホームセンター・釣具屋なんかに立ち寄ることが多い。

そんな感じで日頃から休日に遊びに行っている場所を自分の普段の生活圏から外れた土地で行ってみるのだ。

お酒が好きな人ならホテルにチェックインしてホテル近くの居酒屋へ行ってみるといい。

普段とは違う土地の居酒屋へ行くことでその土地の地酒を堪能することができたり、
お酒を通して地元の常連客と話をして一生出会わないかもしれない人との会話を楽しむことができる。

やっていることはいつもと同じなのに、違う土地で同じことをするだけで普段とは全く違った刺激と経験をすることができるのだ。

旅先で知らない人と会話をするのが億劫だと思う人もいるかもしれないが、

その積み重ねが自分の人間性の厚みに繋がってくるので是非経験してみて欲しい。

旅先で現地の人との会話方法については下記の記事を読んで欲しい。

www.solo-trip.net

・生活に密着した場所へ行くとその土地の生活が見える

観光地や飲食店の他に是非行ってみて欲しいのが、

上記でもチラッと触れているスーパーやホームセンターだ。

特にスーパーはその土地の特色が現れるため凄く面白い。

山側なら新鮮な野菜が数多く並び、海側なら新鮮な魚介類が並ぶ。

ちなみに昨年の夏に日本海を旅した際には漁師町のスーパーへ20時過ぎに行くと、

凄くクオリティーの高いお寿司が半額で買えて車内でニコニコしながら食べた。

www.youtube.com

また、お惣菜コーナーへ行けば食卓に並ぶ地域特有の食べ物もあったりして凄く面白い。

是非、一人旅へ出かけた際には飲食店へ行くのもいいが、

スーパーへ立ち寄ってその土地の食卓を支える味を食べてみて欲しい。

f:id:kuuusuuukaaa:20220114231430j:plain


・旅先で特別なことをする必要はない

何度も言うが一人旅の最大の魅力は【自由に非日常を味わえる】ことにある。

旅行が苦手だと思うのであれば、ホテルにチェックインしたらふらっといつも自分が休日に出かける場所へ行けばいい。

それはスーパーでも、ゲームセンターでも、本屋でも、飲食店でもなんでもいい。

普段の自分の行動も過ごす土地が変わるだけで特別な時間に変えることができるのだ。

 

是非、一人旅に出かけるか迷っている人は次の休日の予定を隣の県で過ごしてみてはいかがだろうか。

f:id:kuuusuuukaaa:20220114232037j:plain