ひとり遊びの教科書

いますぐ役立つ旅と暮らしの教科書

MENU

ボンゴレロッソに粉チーズ、あなたは許せますか?

 

「今月のお小遣いくれたし今晩は俺が作るで!」

 

月1万5千円のお小遣いで楽しんでいる僕ですが、

月初めの休みの日には必ずお小遣いの中から食材を買ってきて妻に振る舞うようにしています。

 

 

今回はパスタにしました。

味は大好きなボンゴレロッソ

いつもはシーフードミックスや冷凍アサリなどを使いますが、

今回は活アサリを購入して作ってみました。

 

 

見た目の悪さはご愛敬(笑)

ボンゴレは父から伝授して貰った数少ない料理のひとつ。

久しぶりに活アサリを使ったけど、やっぱり美味いな~と思いながら食べていると、

妻から個人的に驚愕の一言。

 

「ちょっと辛いしチーズ入れてみよかな。」

 

皆さんはどう感じますか?

正直、僕としては衝撃の一言でした。

 

 

「え!?!?!???????い、いれてもええんちゃう?」

 

基本的に否定はしないスタンスなのでこのように返答しましたが、当然モヤモヤは残ります。

 

 

ボンゴレロッソにチーズを入れる

 

 

 

貝とトマトの香りを楽しむ至極のパスタ料理にチーズをぶっかけるなんて・・・

 

 

 

まさに・・・

 

 

 

 

 

僕の心のオーガが騒ぎ出すところでしたが、でも冷静に考えてみるとそれって僕が完全に凝り固まってしまっているからだと思うんですよね。

ボンゴレにチーズを入れるなんてありえない!!と決めつけてしまってるんです。

 

僕が妻の好きなところなんですが、うちの妻は凄く器が大きい。凄く素直。

 

自分の知らないことは素直に受け入れるし、変だと思うようなことも「面白い」と言うんです。

 

逆に僕は父の教育が大きく影響を受けていて【正解】を常に追い求める傾向がある。

 

 

どちらかと言えばこんな感じの考え方(笑)

他人の意見より先に自分の納得する答えを出したがるし、世の中をどうも斜に構えて見てしまう。

なので、既に完成形である【ボンゴレロッソ】という料理にチーズをかけるなんて考えが浮かぶことすらなかったんです。

曲がったことは許さないと言いますか、なかなか敷かれたレールから外れることができない。

 

社会人になって、その事実に気づいてから自分の常識の外側に出たくて

多くの【常識】を知りたくてひとり旅を始めたし、できる限り外食をするようになりました。

www.solo-trip.net

ちょっとした夫婦の日常から思い出した大事なこと。

柔軟な思考や素直な心こそが人生を楽しむのに必要なんだなと感じる出来事でした。

 

皆さんの小さな気づきのキッカケになったら嬉しいです。

 

それでは、また。