ひとり遊びの教科書

ひとりで楽しむ旅と人生の教科書。【毎日更新】

MENU

【車中泊】冬の車中泊に必須アイテム3選!【N-VAN】

遂に冬が到来し、僕の住む地域では朝の気温が0℃を下回り霜も下りるようになった。

本格的な冬の到来=最高の車中泊シーズンが到来したのだ。

え?冬に車中泊は寒くない?と思う人も多いかもしれないが、

実は冬こそ車中泊が楽しくなる季節で夏にするよりよっぽど楽しい。

今回は冬に車中泊をする際の楽しみ方について紹介する。

 

・車中泊をしている愛車

僕が車中泊に愛用している車がN-VANのSTYLE FANだ。

f:id:kuuusuuukaaa:20211130081114j:plain

N-VANの1番の特徴は運転席以外全てがフルフラットになることで、

車内に全く凹凸がなく初心者でも細かなカスタマイズ無しで車中泊仕様として使っていけるところなんだ。

f:id:kuuusuuukaaa:20211130081127j:plain

 

・冬に車中泊をする醍醐味

車中泊は楽しそうではあるけど冬にするメリットがわからない。という意見は多い。

シンプルに寒いし、部屋のようにクーラーをかけてぬくぬくと過ごすわけにもいかないからだ。

しかし、この寒さがあるからこそ色んな試行錯誤による効果を実感することができて非常に楽しい。

例えば、

・温かい部屋で食べるよりも冷えた車内で食べる方がお鍋の温かさが強く実感できる。

・キンキンに冷えた車内のおかげで寝袋の中の温かさが格段に心地よくなる。

・寒さ対策で買った快適グッズの効果を実感できる。

などかある。

環境が過酷になるからこそ自分の装備に対する満足感が増して充実感を得やすいのだ。

あと、これは僕の個人的な感覚だが車の中というのは不思議と秘密基地感が増す。

そんな大人の秘密基地を改造していくにあたって「こんな寒さの中でも快適に過ごせる俺の秘密基地は最高だな!」と少年心をくすぐってくれるのも夏よりも過酷な冬なんだ。

f:id:kuuusuuukaaa:20211130081329j:plain

 

・車中泊をするために必要な道具

冬の車中泊を楽しむ際に1番需要なのが寒さと冷えを抑えることだ。

冬の車内は想像以上に冷える。

いくら風の影響を受けないとはいえ普通に2℃ぐらいまでは下がるので、

とてもじゃないが防寒用品なしでは過ごせないし寝ることはできない。

これから冬の車中泊を楽しみたいと思っている人に最低限揃えて欲しいアイテムを3つ紹介する。

 

1.冬用シェラフ

まずはこれがないと始まらないのが冬用シェラフだ。

2℃以下まで下がることのある車内で冬用シェラフ以外で寝るのは非常に辛い。

どんどん体が冷えていき風邪を引いてしまっても文句は言えないだろう。

しかし、そんな環境下だからこそ温もってきた際の冬用シェラフの中は天国だ。

皆さんも冬のお布団の中が幸せ過ぎて布団から出られない・・・と思った経験ありますよね?

それの最上級の環境が手に入るので絶対買って欲しい。

ちなみに僕は何かを被って寝たいので冬用シェラフの上から毛布を被って寝るようにしてる。幸せ。

 

2.アウトドアマット

寝床に敷くアウトドアマットも忘れてはならない。

床に凹凸があると就寝する際も気になるし寝起きの際に体が痛くなってしまう。

これではとてもじゃないが快適な就寝とはいえない。

そこで、アウトドアマットを敷いておけば多少の凹凸は気にならなくなるしクッション性もあるため快適さが増すのだ。

また、アルミを使用されているものであれば体温を反射して少しだけだが他のアウトドアマットに比べて温かさを維持することができるので尚良いだろう。

ちなみに要注意だがエアーマットは冬の車中泊には絶対にNGだ。

エアーマットの場合だと膨らんだ空間の中に結露が発生し、それが冷やされることでエアーマット自体が保冷剤のような状態になってしまい着々と体温を奪っていく。

買うなら場所は取ってしまうがアウトドアマットの方が良いだろう。

ちなみに僕は違うパターンで更なる快適性を高めるためにソファーベットを使用しており、

更にその上にゴロ寝マットと敷パットを敷く最上級な環境を用意している。

エアーベットのような冷える空間も無いし、しっかりと厚みもあるので冷えの心配もない。

f:id:kuuusuuukaaa:20211130080602j:plain

 

しかもふかふかで快適。
部屋の布団よりも寝心地が良いから、いつも旅の際は予定の時間通りに起きれないのがたまに傷だ。

 

f:id:kuuusuuukaaa:20211130080605j:plain

 

3.カセットコンロ

冬の車内で車中泊を楽しむのであれば車中飯にも是非挑戦して欲しい。

そして、冬の醍醐味といえば熱い鍋だろう。

そんな車中泊で鍋を楽しむ際に便利なのがコンパクトなカセットだ。

よく、オシャレさやコンパクトさを追求してレギュレーターストーブを導入する人も多いと思うがどうしても置ける器のサイズが限られて不便さがでてしまう。

それがカセットコンロであれば安定して鍋などの調理も行えるため非常にオススメ。

屋外でのキャンプでも使いたいのあれば高重量にも耐えられて風防付きのタフまるJr。
車内のみでの使用ならばコンパクトで使いやすいプチスリムⅡがオススメだ。

僕は車内の使用のみなのでプチスリムⅡを使っている。

 

今回はこれから本格化する冬の車中泊に必須のアイテムを3つ紹介してみた。

この他にも車中泊にあると便利なアイテムがたくさんあるので、

それらについても順に今後紹介していこうと思う。

冬の車中飯の様子をYoutubeにて発信しているのでそちらも是非御覧ください。

www.youtube.com