ひとり遊びの教科書

ひとりで楽しむ旅と人生の教科書。【毎日更新】

MENU

【岡山県津山市】味も接客も最高レベル!過去イチのラーメン店【豚平】

僕は日頃から外食にお金をかけるようにしていて、
年々舌のレパートリーを増やすことを意識して飲食店へ足を運ぶようにしている。

特にこのブログを初めてからは、各地の飲食店を紹介したい気持ちからできる限りジャンル関係なく違うお店へ行くようにしているのだが、

今回行ってきたラーメン店は僕の人生で間違いなく過去1番だと絶対的な自信を持って紹介できる。

めちゃくちゃ冷え込む予報の明日からの土日はキンキンに冷えた空気に耐えて、是非紹介するめちゃくちゃ美味いラーメンを堪能しに行って欲しい。

 

・津山市院庄

今回紹介するお店は岡山県の県北にある津山市の院庄という地域にある。

めちゃくちゃ好立地にあってアクセスが凄く簡単。

中国自動車道【院庄IC】を降りた目の前にあるので迷うことは絶対にないから安心して欲しい。

f:id:kuuusuuukaaa:20211126124542j:plain

f:id:kuuusuuukaaa:20211126111936j:plain

 

・県北津山で育んだ全国区のラーメン【豚平】

今回紹介するラーメン店の名前は【豚平】だ。

f:id:kuuusuuukaaa:20211126112225j:plain

 

Googleでの口コミ評価は☆4.4

【ミシュランガイド岡山2021】にも掲載されている行列のできる有名店だ。

【県北津山で育んだ全国区のラーメン】というキャッチコピーに惹かれる。

開店時間が11時とのことだったので並ぶことを想定してちょっと早めに出発。

10時40分頃に到着したが、既にライダーたちが大勢並んでいて駐車場は1台しか空いていなかった。セーフ。

 

f:id:kuuusuuukaaa:20211126112457j:plain

 

・当日は寒波で激寒

季節は11月下旬の初冬終わり。

寒波の影響で気温は10℃を下回っており風も強くて待機中は凄く寒い・・・

パーカーで大丈夫だと思っていたが、全然そんなことはなくて車に積んでいた釣り用の上着を急遽羽織って耐えることにした。これで大丈夫。

f:id:kuuusuuukaaa:20211126113035j:plain

 

待機席にはこのような説明書きがあった。

 

f:id:kuuusuuukaaa:20211126113355j:plain

せっかく食べるなら、もちろん看板ラーメンである【豚平ラーメン】が食べたい。

これだけ並ぶのであれば12時に完売するのにも納得だ。

 

・待機時間は1時間

並び始めて30分。

11時15分頃、少し遅れて開店。

f:id:kuuusuuukaaa:20211126113529j:plain

しかし、店内の座席は10席程度のカウンター席しかないため先に来られていたライダーの方々で埋まってしまった。

あぁやっと開店したのに・・・と思いながらも、これだけ寒空に耐えれば更にラーメンも美味くなるってものだ。

そして、更に待つこと25分。先のお客さんが退室されてやっと店内へ案内して貰えた。

これだけ待って微妙だったら残念だなー・・・なんて思っていたがその思いは予想外の形で覆される。

 

・店主の接客が神がかってる

店内はカウンター席のみでテーブル席はないこじんまりとしたお店。

チェーン店とは違い、こうした如何にもラーメン店!って感じの内装は大好きだ。

f:id:kuuusuuukaaa:20211126114238j:plain

やっと店内へ入れたら店主がそれぞれの席まで案内してくれて、

ちゃんと席の場所行って手の平を差し伸べながら『ちゃんとアルコール消毒をしたので安心してください。』と優しい口調で言ってくれる。

細かいことのようだが、この動作を接客業で自然とするのはなかなか難しい。凄い。

メニューは

・豚平ラーメン

・ラーメン

・ギョーザ

・ラーメン定食

・ビール

・キムチ

・ライス

これらのみのシンプルなメニュー。

f:id:kuuusuuukaaa:20211126114726j:plain

 

一瞬、チャーハンはないのか。と脳裏に過ぎったが、
そもそもこれだけ行列のできるラーメン店でチャーハンを作る余裕なんてないし、ラーメンで勝負しているお店に対してその考え自体がそもそも邪道だった。反省。

 

f:id:kuuusuuukaaa:20211126114820j:plain

今回はもちろん豚平ラーメンと追加でライスを注文した。

注文の際に『最近は風邪が流行っているのでネギを多めに入れさせていただこうと思うけど大丈夫ですか?苦手な方はおっしゃってください。契約している農家さんからのネギだから美味しいですよ。』と聞かれた。

こんな説明をされたのは初めてだ。凄い。

更に追加で『お兄さん、ライスならキムチを付けたらセットになるからセットでも大丈夫かな?オススメのキムチは美味しいし、ライスのお米は隣町の鏡野町で作った無農薬のコシヒカリだから安心して食べれますよ。』とまで言われてしまった。

ここまで丁寧に聞かれてしまうと頷く以外の選択肢が残されていない。凄い。

調理中に『ごめんなさい、4種類のチャーシューが乗るんだけどお兄さん(僕)までしか4種類を用意できません。お兄さんら(僕の後の3人組)は3種類になるんだけどお肉の量は少し多めにして用意させて貰うね。』と正直に話ながらそれに対する配慮も完璧。凄い。

ラーメンを堪能する前に既に僕は既に店主のファンになってしまっている。

f:id:kuuusuuukaaa:20211126124908j:plain

 

注文して7~8分。

遂に看板ラーメンである【豚平ラーメン】とご対面。

f:id:kuuusuuukaaa:20211126125403j:plain

f:id:kuuusuuukaaa:20211126125442j:plain

 

4種類のチャーシューが乗っているだけでも珍しいのに、

チャーシューそれぞれのボリュームもあるので美味しそうだ。

いただきます!

 

f:id:kuuusuuukaaa:20211126125558j:plain

 

あっさりだけどコクのある豚骨醤油のスープは絶妙で味に飽きることなく飲めてしまう。

 

f:id:kuuusuuukaaa:20211126125921j:plain

 

麺は気持ち太めで食べごたえがある。

 

f:id:kuuusuuukaaa:20211126130012j:plain

 

そして、このチャーシューだ。

肉厚でジューシーで柔らかい。

表面が少し炙ってあって、焦がした香りが食欲を更にそそる。

たまにキムチとライスを食べて口の中をリセットしながら食べ続けても全く飽きることがない。

とにかく美味しい。

すると店主から「前にある大きな壺の中に味変が入っているから是非使ってみてね」と言われた。

 

f:id:kuuusuuukaaa:20211126130327j:plain

 

これか・・・
でも、味変するの辛味で味変したいと思うほど僕はこのラーメンを堪能しきれていない。

しかし、せっかく店主にオススメされたのだ。ちょっとだけ入れちゃう。

 

f:id:kuuusuuukaaa:20211126130431j:plain

 

味変を入れることで少しピリッとしたスパイスが加わった。

最初のマイルドな味わいから一変して、食欲が促進される味付けへと変貌と遂げたのだ。

堪んねぇ!!

 

f:id:kuuusuuukaaa:20211126130015j:plain

 

・大満足で完食

隣に座っているお客さんから出た心からの「美味いが過ぎる・・・」の言葉に深く共感をしながら大満足で完食。

f:id:kuuusuuukaaa:20211126130902j:plain

 

スープ1滴、米粒1粒残さない。

本当に美味かった。

満足したし帰ろうと思ったらまだまだ豚平のサービスは終わらない。


『お口直しのレモンティーです。口の中がさっぱりしますよ。』

 

f:id:kuuusuuukaaa:20211126133314j:plain

ここまでしてくれるのか・・・本当に凄いな。

しかも、このレモンティーも美味しい。

大満足以外の感想が出てこない。

 

・最後の最後まで親切丁寧

レモンティーも飲み終わり、きっちりテーブルも軽く拭いて、

「ごちそうさまでした!」と伝えようとしたところ、

一呼吸先に『寒い中待たせてごめんなさいね。』と言われてしまった。

ここまで寄り添われると何かお返しがしたくなる。

しかし、僕はただの客だ。通う以外の恩返しはない。

最後は心からの「これまで食べた中で1番美味しいラーメンでした!また来ます!」と伝えてお会計をしていたところ、

『お兄さん嬉しいこと言ってくれたからコレ。チャーシューの切れっ端だけど家でお酒のつまみにでもしてね。』とお土産まで貰ってしまった。

f:id:kuuusuuukaaa:20211126133921j:plain

もうダメだぁ・・・完全に惚れてしまった。

最後に「すみませんが、このお店のことをブログの記事にして宣伝させていただいてもいいですか?」と確認したところ、

『全然いいよ!ありがとうね。』と正式に許可を得たのでこうして記事にさせていただいた次第である。

 

・総評

今回訪れた【豚平】

お店を知ったキッカケは妹の友だちからの口コミだったが、

ラーメンの味はもちろんだが、店主さんのお客様思いの気遣いひとつひとつが大きな魅力のラーメン店だった。

間違いなく1番オススメのできるお店なので岡山県北へ訪れた際には行ってみて欲しい。

店主さん、美味しいラーメンと心からのお気遣いありがとうございました。

 

【豚平】の詳細

住所  :〒708-0014 岡山県津山市院庄1051-3
電話番号:0868-28-2929

営業時間:11時~14時(スープが無くなり次第終了)
定休日 :木曜日

f:id:kuuusuuukaaa:20211126142659j:plain